大きな変更点

スティーブ・ジョブス氏が亡くなってから初めてリリースされたiPhoneがiPhone5です。こちらは2012年の9月12日に発表され、同年9月21日には世界9カ国で発売されました。もちろん、日本でも発売され、大きな期待感と共に受け入れられました。全国で長蛇の列が出来るほどに人気は高まっており、この頃にはiPhoneがスマートフォン市場を席巻していたのは間違いありません。

このiPhone 5にはこれまでのモデルとは大きく異なる特徴があります。それは画面サイズの変更です。スティーブ・ジョブス氏はこれまで3.5インチの画面サイズにこだわっていました。それは、人間工学上最も扱いやすいサイズだからです。しかし、iPhone 5からはそれよりも縦長となる4インチにバージョンアップしています。この変更については動画などを楽しめるようにという配慮だと言われています。

性能面としてもLTEへの対応やLightningコネクタの採用。さらに、他社製のものを使っていたマップアプリもApple製になりました。リリース当初はその完成度が低くネットユーザーから嘲笑されることも少なくありませんでしたが、改良を重ねることによって今では問題無く使うことが出来ることの方が多いです。

Copyright ©iPhoneが業界に与え続けてきた軌跡を辿る!, All rights reserved.