賛否両論の舵取り

2013年の9月10日に行われた新作iPhoneの発表会は大きな物議を醸しました。それはiPhone 5cの存在が発端です。こちらは同時に発売されるiPhone 5sの廉価版となっており、世界中でよりシェアを広げるために低所得者でもiPhoneを持てるようにするという狙いがあったとされています。しかし、結局のところ他社製品よりも割高になっており、狙いが不明瞭だという指摘が相次いだのです。Apple側は「低価格の電話を売る目的は無い」とコメントしています。

iPhone 5sはApple A7を導入しており、これはスマートフォンとしては初めて64bitCPUを搭載していることで話題となりました。処理速度が最大で2倍になったことで、より快適な操作感を実現させることに成功しているのです。また、このApple A7以外にもApple M7を搭載しています。これはモーション処理専用のチップとなっており、加速度センサーやジャイロセンサーなどといった処理を単独で行います。これによって負荷が軽減されバッテリー消費も改善されたのです。

さらに、今もなお根強いファンの多い指紋認証センサーであるTouch IDが搭載されたのもiPhone5sからです。こちらは指先をあてるだけでiPhoneのロック機能を解除出来るため非常に気軽です。顔認証は手が塞がっていたりマスクをしているとどうしても不便に感じる人も少なくないため、未だに重宝されています。

Copyright ©iPhoneが業界に与え続けてきた軌跡を辿る!, All rights reserved.