時代に沿った変化

iPhone 6とiPhone 6Plusが発表された2014年9月9日。この頃には動画をスマートフォンで楽しむということが一般的になっており、スマートフォンだからといって小さい画面では我慢できないというユーザーが増えてきました。そのため、iPhoneの画面サイズも非常に大きなものとなっています。iPhone 6は4.7インチ、iPhone 6Plusに至っては千円札をほとんど同サイズの5.5インチにまで巨大化しています。

2014年の9月12日に予約がスタートされ、同年の9月10日に世界10地域で先行販売されたiPhoneは、新しいモーションプロセッサであるApple M8を導入しています。この導入によって高度を測ることや気圧を測ることが可能になったのです。これによって天気アプリの精度が高まるだけでなく、階段昇降の数なども計測できるようになりました。

さらに特筆すべきなのがNFCの搭載です。こちらはおサイフケータイで使われる技術であり、ついにiPhoneも新たな決済手段を導入することが可能になったのです。ますます生活に密着する存在となったiPhone。これによって今まで以上に使いやすくなったという声も多く聞かれました。

Copyright ©iPhoneが業界に与え続けてきた軌跡を辿る!, All rights reserved.