便利機能が充実

巨大な画面サイズが話題になった、iPhone6シリーズの後継機とも言えるiPhone6sシリーズは2015年9月9日に発表されました。この時の発表は同時にiPad ProやiPad mini4、さらにはApple TVも発表されたため、大きな話題となりました。日本においては9月12日から予約が開始され、9月25日に発売されました。

こちらのiPhone 6sシリーズはApple A9が搭載されたことによって、iPhone 6よりも処理性能が70%も向上したことが話題となりました。また、グラフィック性能も90%の高速化を実現しているため、より静止画や動画などのコンテンツを楽しめるようになったのです。また、Siriが常時起動状態になったことによって様々な処理をSiriにさせることが出来るようになったことも魅力として挙げられます。

また、3D Touchが搭載されたということもiPhoneの歴史の中で大きく取り上げられる出来事です。この3D Touchは画面に触れた時の強さでiPhoneの挙動が変わるというもので、例えば今までは数度のタッチが必要になっていた動作も一度強く押し込むだけで完了するというものです。これによってますますiPhoneが便利になったという意見もあるほど革新的とされています。

Copyright ©iPhoneが業界に与え続けてきた軌跡を辿る!, All rights reserved.